忍者ブログ
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
カテゴリー
フリーエリア


最新CM
[02/03 太颯]
[08/08 ドリしょし]
[08/08 ドリしょし]
[01/27 GTC]
[01/27 ド初心者]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
DOrin
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

料理5です、3連荘で料理記事な今回はnotパスタです

今回紹介する料理はこれ

DSCF0002.JPG


シーフードのリゾット





リゾットっていうのは西洋風のお粥、雑炊の類だと思います

1食200円強くらいかな、ちょっと一人分少ないです。米をこんな風に料理するのは慣れてない人にとってはかなり変な感じと思うし、イタリアンパセリを使ったりするので作りやすい料理ではないと思います

味はシーフード好きな人にとってはおいしいですよ。時間は割りとかかります

レシピは下に載せときますね




シーフードのリゾット(2人分)

<材料>
・シーフードミックス   170gくらい 
・にんにく         2かけ
・お米            100gくらい(軽量カップ一杯で140g)
・白ワイン         大さじ2くらい
・イタリアンパセリ    適量(not普通のパセリ)
・玉ねぎ          4分の1
・コンソメの素       1個
  
<基本構造>
1つの鍋で炒めたり、煮たりする料理

<作り方>6ステップ!
①にんにく、玉ねぎをみじん切りにしてにんにく→玉ねぎの順にオリーブオイルをしいた鍋で炒める
②玉ねぎがしんなりしてきたらシーフードミックスを入れる
③シーフードミックスに割と火が通ったと思ったら米を加えて少し炒める
④米が透き通ったり、鍋の水分がなくなってきたら、米が隠れるまでワインと水を入れる
⑤④にコンソメの素を入れて、弱火から中火の中間で米が柔らかくなるまで煮る
⑥イタリアンパセリをみじん切りにして、できあがったリゾットを器に盛ってパセリを散らしれ完成

<ちょっとしたポイント>
・イタリアンパセリはまな板、包丁、大葉自体の水分をしっかり切ってからみじん切りにしましょう
・シーフードミックスは凍ったまま入れて大丈夫です

・米を炒めるときは思いのほか水分がなくなるのが早いので注意しましょう
・炊飯器で炊くより、早い時間で米は柔らかくなります
・付け合せに、クリーミーなスープを選ぶならスープをリゾットにかけてもおいしいですよ(↓参照)
・にんにく、玉ねぎなどは中火くらいで炒めてください(not強火)

DSCF0007.JPG


←参照先、こんな感じのスープだと合うと思います






<あとがき>
今回のは、前回とかと比べるとあまりおススメ度は高くないです。外食で例えるとサイゼリアででそうな感じです。でもやっぱり、おしいしのはおいしいですよ!記事トップの3連荘って文字についつい反応しちゃう人いませんか?それロンです。


PR
料理4です、今回はオシャレな簡単料理です

このサイトを読んでる人は料理に興味がない人が多いのかなと思っていて書くのを控えていたら、ネタが溜まってきたのでしばらく料理記事が多くなると思います

今回紹介する料理はこれ

DSCF0025.JPG


たらこのパスタ





これは、オシャレで簡単なおススメ料理です

1食が約300円弱です。ただし今回は材料によって値段はかなり左右します、特にワイン辺りが。

ただし、ちょっとした難点は材料が割りと特殊なことです。ちょっとだけ作りにくい料理かもしれませんね

味はおいしいですよ、女性受けは出したことないから分からないけどきっといいはず

カルボナーラの半分以下の時間で作れます。最速で10分くらいかな

レシピ下に載せときますね




たらこのパスタ(2人分)

<材料>
・たらこ       140g 
・大葉        10枚くらい(1人分5枚くらい)
・バター       20g
・白ワイン      適量
 
<基本構造>
包丁が必要なのは大葉だけの簡単料理

<作り方>6ステップ!
①たらこを皮からはがしてタッパに入れて、白ワインを入れてペースト状にする
②①にバターを入れて、タッパを温めてバターを溶かして、たらこのソースを作る
③大葉の下の茎を切って、縦に千切りする
④鍋に湯を沸かし、パスタを茹でる
⑤パスタが茹で上がったら、フライパンを用意して茹で上がったパスタを水を切ってフライパンに移す
⑥上から②のたらこのソースをかけて混ぜ、残ったたらこのソースと大葉で盛り付ける

<ちょっとしたポイント>
・大葉はまな板、包丁、大葉自体の水分をしっかり切ってから千切りにしましょう
・タッパを温めるのはパスタを茹でている鍋の上で温めると時間短縮になります

・もしたらこがパスタと混ざりにくかったらパスタの茹で汁を少しだけフライパンにかけましょう
・ワインはキャップ式のワインが便利ですよ。余ったら料理と一緒に出しましょう(↓参照)
・大葉の盛り付けは包丁で切った後そのまま指で少し広げ、盛り付けるときれいになります(↓参照)
・たらこは「切れ子」ってゆーもともとバラバラになってあるのを買えば安いです
・たらこは箸で皮から剥がしていくときれいに剥がれやすいです

DSCF0019.JPGdc2fc6ee.jpeg


←参照先







<あとがき>
このたらこのパスタと、先日紹介したカルボナーラはたぶんお店で出せる味です!是非作ってみてくださいね。
イタリアンって実はけっこう簡単だったりします。あとたらこのパスタには細く切ってある海苔をのっけてもオシャレですね。今回はたらこソースの飾り付けがちょっと多かったです。
ちなみに僕が今回使ったワインは1600円くらいのテーブルワインです、ちょっと高かったです。いつもは「うれしいワイン」ってゆーローソンで500円くらいで売っているワインを使ってます。料理に使うワインはこれくらいで十分ですよ


料理3です、今回はそんなにお手軽ではないです

今回紹介する料理はこれ

DSCF0012.JPG


カルボナーラ





これはどっちかってゆーとオシャレ料理です、パルミジャーノチーズ(固形チーズ)使います

コストは1食200円弱くらい

味はおいしいですよ、あと名前から言っても女性受けする一品

おもてなし料理にどうぞ

レシピは下に載せときますね




カルボナーラ(2~3人分)

<材料>
・卵              2つ 
・ベーコン          2枚くらい
・パルミジャーノチーズ  大さじ2~3くらい(notパルメザンチーズ
・セージ            小さじ半分くらい
・粗引きこしょう       少々
・オリーブオイル      適量
 
<基本構造>
カリカリベーコンさえ上手く作れれば後は簡単で、案外チーズが大事

<作り方>6ステップ!
①ベーコンを縦:横=1.5:1くらいに切る
②フライパンにオリーブオイルを入れて、ベーコンを入れセージをかけて弱火から中火で温める
③コップに卵を溶き、パルミジャーノチーズを大根をするやつで粉状にしておく
④ベーコンができたら、鍋に湯を沸かしパスタをゆでる
⑤パスタが茹で上がったら、ベーコンのフライパンに入れてその後に卵、チーズを入れて弱火で混ぜる
⑥器にもって、粗引きコショウをふってできあがり

<ちょっとしたポイント>
・ベーコンを温めてカリカリにするときはあんまりベーコンを動かさないほうが上手くできます
・ベーコンは最初より小さくなるので少し1.5:1くらいで切ったほうがいいです
・濃厚な感じのカルボナーラが好きな人はチーズの量を増やすといいと思います
・パルミジャーノチーズは割りと大き目のスーパーか、イタリアンの店に行ったら売っています
・セージと言うのは香草の一種です


前回に続いてのお手軽料理2です

今回紹介する料理はこれ

05ae95f8.JPG


スパゲッティポモドーロ





これ、主食になってます。つまり日本人の米みたいな感じです

とにかくコストが安く、簡単料理なのでおススメです

肉をつかっていないトマトソースなので飽きにくいですよ

作り方は下に載せておきますね



スパゲッティポモドーロのソース(2~3人分)

<材料>
・完熟トマト缶   1缶(チョップドでもOK) 
・バジル      小さじ1~1.5くらい(粉末タイプでOK)
・にんにく      1~2かけ
・オリーブオイル  大さじ1くらい
・こしょう       少々

<基本構造>
包丁はにんにくのみ必要

<作り方>5ステップ!
①にんにくを2ミリ~3ミリ角くらいに細かく切る(適当でOK)
②トマト缶を小鍋に入れて、温めてグツグツなってきたら弱火で煮る
③バジルとにんにくを②に入れる
④20分くらい煮て、トマト缶の水分が飛んだら、火を止めてオリーブオイルを入れる
⑤こしょうで自分好みにする

<ちょっとしたポイント>
・にんにくは適当でOK
・オリーブオイルはなるべくならエキストラヴァージンで
・煮ているとき鍋につきっきりにならなくてもOK、たまに確認するくらいで可

<費用>
大阪の都心の計算で1個あたり   (東京とか以外ならこれより安いと思います)
トマト缶     100円
にんにく      5円
バジル       ?
オリーブオイル  ? 
こしょう       ?

とにかく激安料理で、1食50円かかりません。トマト缶は業務用スーパーを利用すると40円程度で調達できるので、1食20円以下にすることも可能(電気代入れたら30円くらい?)。

今日はGT4と関係ない趣味の料理について書いていこうと思います

今、一人暮らしをしているんですが思い返せば料理が趣味になったのは、一人暮らしするようになってから。それまでは料理といえばチャーハンって感じの子でした。

最初に作った、豚の角煮の安さと上手さで目覚めました。

今はネットにレシピがあふれているので誰でも上手に作れるんですよね。

それで、今日食べた料理がこれ

DSCF0006.gif


ミネストローネ





+パスタなど。米は洗うの面倒なんであまり炊かないんです。朝ミネストローネ、夜パスタ、ミネストローネの脱日本な生活。

ミネストローネは昨日の夜から。そろそろ飽きてきたな。明日は久々米炊いておじやにでもアレンジしようかな

ちなみにミネストローネは作るのは簡単で、安くて、栄養が取れるので一人暮らしには必須アイテムです

下にレシピ載せときますね




ミネストローネ(4~5人分)

<材料> 
基本は今ある野菜で可。下はその一例
にんじん    1本
じゃがいも   1個 
セロリ      1本(できればあったほうがいい)
玉ねぎ     1個
赤ピーマン   1個(普通のピーマンよりは赤ピーマンのほうがいい)
完熟トマト   1/2缶くらい(なければトマトジュースでもOK
キャベツ    2~3麻衣
コンソメの素  2個

オリーブオイル あれば
ローリエ     あれば

<基本構造>
切って煮るのみの簡単料理

<レシピ>5ステップ!
①それぞれの野菜を1.5センチ~2センチくらいの食べやすい大きさに切る
(にんじんなどは皮はむきましょうね、玉ねぎ、セロリは画像参照、キャベツは手でちぎってOK)
②鍋に1ℓくらいの湯を沸騰させる
③鍋に野菜を入れ、ふとをして弱火でコトコト(ローリエがあれば入れる)
④出てくる灰汁をとる
⑤40分くらいたったら、コンソメの素を2つ入れて、10分くらい煮て完成

<ちょっとしたポイント>
・時間があればじゃがいもは切ったあとにちょっと水につけときましょう
・セロリの葉は茶濾しのパックなどにつめるか糸でしばって、鍋に入れると風味がつきます
・灰汁はちゃんと取ってくださいね
・煮ているとき鍋につきっきりにならなくてもOK、たまに確認するくらいで可
・食べるときにあればオリーブオイルを少量かけませう

<アレンジ>
・パスタに混ぜて、スープパスタ

<費用>
大阪の都心の計算で1個あたり   (東京とか以外ならこれより安いと思います)
にんじん     70円
じゃがいも    60円
パセリ      100円
完熟トマト    100円
玉ねぎ      50円
赤ピーマン   100円
コンソメの素  ?

2日くらい(朝、晩2回ずつの計4食)で食べきれて、2日で約600円(1食150円くらい)くらいで済みます

忍者ブログ | [PR]

(C)GT4ドリフトのページ / ブログ管理者 DOrin
Blog Skin by TABLE ENOCH