忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
フリーエリア


最新CM
[02/03 太颯]
[08/08 ドリしょし]
[08/08 ドリしょし]
[01/27 GTC]
[01/27 ド初心者]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
DOrin
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドリフトのコツを書いていこうと思います

GT4でドリフトをするには、まずドライビングアシストを調整しなければいけません(注意、全て0にしないといけないという訳ではないです)



ASMシステム(オーバーステア) 0(必須)
ASMシステム(アンダーステア) 0~21
TCSコントローラ          0~10



よく攻略サイトに全て0じゃないといけないみたいなことが書いてありますが、そんなことはありませんよ

ASM(アンダーステア)に関しては、ドリフトを始めたての人は10以上あったほうがいいと思います

TCSコントローラも5~8くらいあったほうがいいと思います



ですので、始めたての人のセッティング例としては




ASMシステム(オーバーステア) 0(必須)
ASMシステム(アンダーステア) 12
TCSコントローラ          6(not 0)

こんな感じがおすすめです



タイヤはノーマルタイヤです

始めたての人はN2、N3でもいいです
慣れている人はN1にしましょう



セッティングはそれっぽくテキトーでOKです(まずは慣れるのほうが重要です)



車のパワーは250PS~400PSの間あたりのFRにしましょう
個人的におすすめの車は

始めたての人 RX-7(FD)=滑りにくい車
慣れてきた人 RX-7(FC)=滑りやすい車
です



なぜ、RX-7ばかりかと言うとロータリーエンジンが好きだからです
ちなみにハチロクの場合はボンネット黒のにしましょう→NAチューン(not ターボ)



そしてドリフトをするのにおすすめのコースは

トライアルマウンテン」です
trial_mountain_165x168.gif










何故かと言いますと

トライアルマウンテンは全コーナーがドリフトで曲がれるからです

というか、このコースポリフォニーデジタルさんがドリフトのために開発したように感じます

というわけでおすすめのコースは「トライアルマウンテン」です



ここからは、実践編です(本当に始めたての人用です)

まずはこのサイトのドリフトの定義ですが、このサイトでは

ドリフト=後輪が滑っている状態としておきますね



まずはじめた手の人はこの後輪がすべる状態に慣れる必要があります

この状態にも大きく2種類あって

操りやすい状態と操りにくい状態です

煙が出るのはその中間~操りにくい状態にかけて
です(多少、慣れで変わってきます)



まず始めたての人は操りやすい状態に慣れていくといいと思います

操りやすい状態とは具体的には

ゼロカウンターで後輪が滑っている状態」のような感じです

注意)ここで、車の重心が~などを考えた人は既に始めたての人のレベルではないです



ゼロカウンターとはドリフト時にカウンターステアを当てていないことです。

カウンターステアが分からない人ははGT4の説明書を見てみてくださいね



その状態のときは車はコーナーに対してあまり傾いておらずわりと扱いやすいはずです

ひとまずはその状態に慣れてください。

次回に続く








分からないこと、教えてもらいたいことなどありましたらコメント欄に書いてくださいね

こんな車のドリフトが見たいなどの希望も今は受け付けます(期間限定です)





PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)GT4ドリフトのページ / ブログ管理者 DOrin
Blog Skin by TABLE ENOCH